海開き前

この頃(と言っても1〜2ヶ月おき)は、父を前の家のとき飼っていた犬に会わせるためにドッグランへ連れて行き、その帰りに知多半島をぐるっとドライブのパターン

 

知多は何度となく行っているけど、海水浴は数えるほど。

 

ナビの地図を見ながら気になる道へ

f:id:spanglechan:20210619233148j:image

 


f:id:spanglechan:20210620071331j:image

f:id:spanglechan:20210620071504j:image
f:id:spanglechan:20210620071501j:image

 



f:id:spanglechan:20210619233354j:image

 

f:id:spanglechan:20210620071557j:image

 

 

堤防の切れ目を抜け、海岸沿いをゆるゆると走る(対向車来なくてよかった)

f:id:spanglechan:20210620071954j:image



f:id:spanglechan:20210619233357j:image

 


f:id:spanglechan:20210620071958j:image

f:id:spanglechan:20210620073513j:image

海の家!イェ〜ィ! 気持ちだけでも、潮干狩りもできなかったし

f:id:spanglechan:20210620072926j:image

 


f:id:spanglechan:20210620073643j:image

 

f:id:spanglechan:20210619233151j:image

 

映画のロケ地になっていたらしい
f:id:spanglechan:20210620073730j:image

 


f:id:spanglechan:20210620071951j:image

 

次は野間海岸へ向かいます。

 

杉谷川樋門(2010施工)

定点観察案件
f:id:spanglechan:20210620072320j:image

 

レースのような波と
f:id:spanglechan:20210620072403j:image

 

くずれゆく蜜柑
f:id:spanglechan:20210620072413j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072447j:image

 

ここは風が強いらしい
f:id:spanglechan:20210620072309j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072406j:image

 

もうすぐ満潮?
f:id:spanglechan:20210620072312j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072416j:image

 

野間海岸に着きました。
f:id:spanglechan:20210620072323j:image

一応、同じポーズをとってもらいました。

拳がゆる〜いです。


f:id:spanglechan:20210620072304j:image

ちっとも気づかなかったけれど、黄色いコンテナはぐっさん家

海の家です。(ただの工事現場かと思ってた)


f:id:spanglechan:20210620072353j:image


f:id:spanglechan:20210620072436j:image

 

リアル父ちゃん
f:id:spanglechan:20210620072440j:image

 

アート?の断片
f:id:spanglechan:20210620072340j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072349j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072443j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072336j:image

 

 

これは気になる
f:id:spanglechan:20210620072423j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072330j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072409j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072316j:image

 

タモリさん、何ていう石ですか?
f:id:spanglechan:20210620072433j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072426j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072343j:image

 

行く手を阻む柵と草
f:id:spanglechan:20210620072359j:image

 

手を伸ばして撮ってみた
f:id:spanglechan:20210620072346j:image

 

海側から見るとこんな感じ
f:id:spanglechan:20210620072420j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072333j:image

 


f:id:spanglechan:20210620072356j:image

 

 

f:id:spanglechan:20210620072450j:image

 

 


f:id:spanglechan:20210620072430j:image

 

海開き前のどんよりとした空と海
f:id:spanglechan:20210620072327j:image

近くには旅館もあって(現役)日帰りできない人たちは泊まって海を満喫するのかな。

私は近すぎて泊まることはなかったので、海の思い出はただただ疲れて帰路につくという感じ。連れて行ってくれた大人たちはもっと大変だったよね。 2021.06.19

 

 

二つ岩へ 20210531

前に、竹林の道に行ったあと、地図で見つけたところ。桃太郎神社から少し川上へ行った辺り。ナビでは出てこなかったけど、ストリートビューでなんとなく頭に入ってたのを頼りに民家の細い道を奥へ

 

まず目に留まったのがこれ

f:id:spanglechan:20210601171645j:image


f:id:spanglechan:20210601171648j:image


f:id:spanglechan:20210601171624j:image

 

こちらはこれから作業するのでしょうか?
f:id:spanglechan:20210601171657j:image


                  f:id:spanglechan:20210601171629j:image

 

ミッキータイル
f:id:spanglechan:20210601171708j:image 


                      f:id:spanglechan:20210601171652j:image

 

子供の頃だったら登ってたな
f:id:spanglechan:20210601171632j:image

 

後で他のブログなど見たけど、もっと整備されてたからその後、台風か集中豪雨で荒れたままになってるのかな。
f:id:spanglechan:20210601171705j:image


f:id:spanglechan:20210601171701j:image


f:id:spanglechan:20210601171712j:image

 

二つ岩までの散策路、道いっぱいに大きな水溜りで通れないので諦めようとしたけれど川の岩場が歩けるじゃんとなったので、降りてみます。
f:id:spanglechan:20210601171639j:image

 

 

f:id:spanglechan:20210601181705j:image

 

うっすらエメラルド色の岩肌
f:id:spanglechan:20210601181701j:image

 

漂着物あれこれ

f:id:spanglechan:20210601171636j:plain



f:id:spanglechan:20210601173516j:image


f:id:spanglechan:20210601173456j:image 


f:id:spanglechan:20210601173528j:image


f:id:spanglechan:20210601173340j:image

 

 

こちらが二つ岩、川の流れが岩にぶつかって渦を巻いてる所も
f:id:spanglechan:20210601173347j:image

 

対岸には廃墟?
f:id:spanglechan:20210601173448j:image

 

アートっぽいものを写してみる
f:id:spanglechan:20210601173344j:image 


f:id:spanglechan:20210601173358j:image


f:id:spanglechan:20210601173423j:image

 

潮だまりみたいで面白い
f:id:spanglechan:20210601173354j:image 


f:id:spanglechan:20210601173401j:image 

 


f:id:spanglechan:20210601173520j:image


f:id:spanglechan:20210601173503j:image


f:id:spanglechan:20210601181305j:image 

 

時折電車が通ります(JR高山線
f:id:spanglechan:20210601173419j:image

 


f:id:spanglechan:20210601173445j:image

 

マチガイサガシ

f:id:spanglechan:20210601173512j:plain
f:id:spanglechan:20210601173523j:plain

 

 

岩の祠

f:id:spanglechan:20210601173405j:plain


f:id:spanglechan:20210601173459j:image

 

使徒縮小版(エヴァの影響で分けのわからない形のものについ使ってしまう)
f:id:spanglechan:20210601173434j:image 


f:id:spanglechan:20210601173508j:image


f:id:spanglechan:20210601173412j:image

 

あんなところに、お城が!

f:id:spanglechan:20210601173426j:plain

 

と思ったら前に登った猿啄城の展望台だった。
f:id:spanglechan:20210601173438j:image


この先に行きたいのだけれど
f:id:spanglechan:20210601173441j:image

 

立入禁止ではないけれど、このような掲示があり入れない
f:id:spanglechan:20210601173431j:image 

タケノコ、いいね。でもここは地域の方達のだから、採りません。

 

陶片萌
f:id:spanglechan:20210601173408j:image

 

豆タイル萌
f:id:spanglechan:20210601173351j:image

 

来た道を帰ります。

ここにいたのは私達の他 、絵を描いてる二人の年配の女の方々。

静かな時間をお騒がせしました。と思ってたら、一人の方の電話がなって、話し声に日常の時間が戻ってきました。

f:id:spanglechan:20210601181841j:image

ネットで見ていたら、新聞の切り抜き記事を見つけた。去年の豪雨(7月初旬)で水位が5メートルにもなって、4年がかりで整備した散策路が駄目になったこと。かわりに水で砂が流されて、チャート層が現れたことを知った。駄目になった散策路も新たに作る計画を立てていると書いてあった。記事に載っていた美輪さん、いつまでもお元気で。

 

絵を描いていた方たちのように、のんびり過ごせそうな場所(蚊がいなければ)

そんなに遠くないので、また出かけたい。 2021.05.31

 

 

迫間のお不動様

梅雨の晴れ間のお出かけ。

今回は、義母の話から義母の父が滝に打たれに行っていたという”迫間の不動さん”へ行ってみることにした。

 

犬山城を左手に進みます。

f:id:spanglechan:20210603220245j:image

 

こちらは右手側、名鉄電車が通ります。昔は一緒に走ってたような?

今回、行きは娘の運転なのでこういうこともできます。(あまり、協力的でないので窓の開閉とかのタイミングが悪くこの程度)
f:id:spanglechan:20210603220242j:image

 

途中まで、ここ前にきたことある。という道でした。(猿啄城登山の時のこと)

 

標識に従いくねくねと進みます。

そして、肝心のひと目で”迫間不動”とわかるものを何一つ写していないことに後で気づく。

 

なんとなくお不動様とか、撮っていいものだろうか?と思いながら(娘がこういうことには厳しい)ホントはここ撮らないほうがいいんじゃね?というところで、娘が積極的に撮りだした。 

f:id:spanglechan:20210602233543j:image

 

蝶の羽?
f:id:spanglechan:20210602233554j:image

 

マスカラしてるお地蔵様(苔?)
f:id:spanglechan:20210602233622j:image

 

この前行った、ジンギスカンの店”山麓苑”を思い出すね。
f:id:spanglechan:20210602233328j:image


                       f:id:spanglechan:20210602233525j:image 

 

こちらは、後で寄ることにします。
f:id:spanglechan:20210602233517j:image 


f:id:spanglechan:20210602233335j:image


f:id:spanglechan:20210602233558j:image

 

階段登りつめると本堂、そこからさらに迷路のように石段があり、多くの人が奉納した?お不動様が祀ってあります。大小様々、お不動様のパラダイス。

でも、写真なし。

 

おまけに後で調べたら、先程のお地蔵様、水子供養。(まぁそうだよね。何故か鈍感になってたよ。でも無邪気に見えたのだけど。)心霊スポットって載っていたけど、水子=心霊=怖い というの改めたい。

 

電波塔も見える。いろんな波が飛び交ってる。
f:id:spanglechan:20210602233602j:image


                  f:id:spanglechan:20210602233325j:image

 

迫間不動らしからぬものばかり撮ってしまう。
f:id:spanglechan:20210602233338j:image


                      f:id:spanglechan:20210602233528j:image


f:id:spanglechan:20210602233342j:image

 

奥の院 洞窟の中にあります。 
f:id:spanglechan:20210602233332j:image

 

 

カナヘビ?トカゲ?(苦手な方ごめんなさい)
f:id:spanglechan:20210602233539j:image

 

違うルートで戻ろうということで、この階段を登ることに。

迫間城跡の標識に従い登ることに。
f:id:spanglechan:20210602233536j:image

 

木漏れ日
f:id:spanglechan:20210602233550j:image

 

昼の星

f:id:spanglechan:20210602233546j:image

 

階段ばかりでつまらないと思いつつ引き返す気にもならず、登りつめると頂上へ

(登っていたのは迫間山でした)

f:id:spanglechan:20210602233532j:image

 

ベンチに腰掛けしばし休憩、階段を登り切った左方向の鳥居が八方不動でした。

(こちらも写真なし、参拝した人の蝋燭が燃えてました。)

 

 

いろんな標識のあるところに来ました。どっちへ進もう。流れ星の滝やトンネルの道は気になったけど、駐車場から外れてきそう、スマホで調べようとしたら電波入りが悪くて時間かかる。 

f:id:spanglechan:20210603211122j:plain
f:id:spanglechan:20210603211110j:plain

 

そして、後で色々調べてわかったのは、最初に休憩したところ迫間城跡ではなかったてこと。無視してしまった迫間城跡という標識、ぐるっと戻る道でなく眺望が開けてたのを後で知った。 

 

流れ星の滝方面の道に少し入って見えた眺望
f:id:spanglechan:20210603211053j:image

 

焼却炉へが近道というのがわかりそちらへ
f:id:spanglechan:20210603211101j:image

 

下山するけど、今までとは違い登山っぽい道をゆく


f:id:spanglechan:20210603211114j:image

またしてもサンダルではないが街歩きの靴で来てしまった。
f:id:spanglechan:20210603211040j:image


f:id:spanglechan:20210603211049j:image


f:id:spanglechan:20210603211057j:image


沢にかかる橋 

f:id:spanglechan:20210601165112j:image

 

見下ろす

f:id:spanglechan:20210603211118j:plain

 

渡りきった後に続く短い階段を登る
             f:id:spanglechan:20210601170502j:image

 

焼却炉の脇に、シーサーと思ったら狛犬(不燃物?捨てられちゃったの?)
f:id:spanglechan:20210601165029j:image

 

すぐ隣にお不動様?だったかな、その脇をすり抜けて行くのは知らない人は躊躇しそう
f:id:spanglechan:20210601165041j:image

 

この”ふどうの森”見るたび”ぶどうの森”や”どうぶつの森”に変換されてた。
f:id:spanglechan:20210601165157j:image

 

少し前まで、あの鉄塔の辺りにいたんだ
f:id:spanglechan:20210601165044j:image

 

行きにあとで行こうとした中央不動へ

f:id:spanglechan:20210601165131j:plain

 

f:id:spanglechan:20210601165220j:plain

 

ここで滝行でするらしい
f:id:spanglechan:20210601165054j:image

 


f:id:spanglechan:20210601165051j:image

 

 


              f:id:spanglechan:20210601165138j:image

 

 

そして、義母がおいしいよと言っていたおでんを食べに(昔店をしていた時と同じ味のおでんだそうだ) 

f:id:spanglechan:20210601213216j:image

 

自分で取って味噌をつける
f:id:spanglechan:20210601182025j:image


f:id:spanglechan:20210601213212j:image

 

五目ご飯もおいしかった
f:id:spanglechan:20210601182032j:image

五目ご飯目当ての人もいてラーメンを食べながら持ち帰り用の十人前を炊きあがるのを待っていた

 

こてこてに昭和感出すより、これぐらいの演出?のほうがリアル
f:id:spanglechan:20210601182035j:image 

 

f:id:spanglechan:20210601165116j:plain
f:id:spanglechan:20210601165217j:plain



駐車場近く農産物直売所裏
f:id:spanglechan:20210601165120j:image

野菜、安かったのでエンドウ豆かって、今晩は豆ごはん。

 

登る前に撮っておけばよかったと悔やまれた地図 これからの教訓に
f:id:spanglechan:20210601165135j:image

 

ネットで見て気になった(ヒルクライムしている人の写真)のですれ違いがこわかったけど行ってみた
f:id:spanglechan:20210601165201j:image

多賀坂トンネルと言うらしい

一旦通り抜けて、Uターンして邪魔にならなさそうなとこから
f:id:spanglechan:20210601165034j:image

f:id:spanglechan:20210603215934j:image

 こちらは、通り抜ける時、娘に撮ってもらったもの

f:id:spanglechan:20210601165105j:image

 

お参りなのか登山なのか、どれをとっても中途半端な写真ばかりですが、いろいろ楽しめてよかった。次回は五目ご飯買って流れ星の滝を目指して見よう。

2021.05.31

起、再び ②

雨はまだ、大丈夫そう

 

この手前にある家が気になったけど撮りそこねた

       f:id:spanglechan:20210503004233j:image

 


        f:id:spanglechan:20210502235005j:image

 


      f:id:spanglechan:20210502235056j:image

 

なんだか迫力のあるコンクリートの家
    f:id:spanglechan:20210502235127j:image

 

よく見ると小さなタイル張り


       f:id:spanglechan:20210502235130j:image

 

花火の時はこの屋上から見るんだろうな
      f:id:spanglechan:20210502235026j:image

 

このようなタイルでした
         f:id:spanglechan:20210502234952j:image

 


         f:id:spanglechan:20210502234958j:image

 


      f:id:spanglechan:20210502235118j:image

 

やはり気になる
       
       f:id:spanglechan:20210502235048j:image

友達の一言「ゆるい緊縛」


       f:id:spanglechan:20210502235115j:image

 

長屋?
    f:id:spanglechan:20210503004121j:image

 


    f:id:spanglechan:20210502234939j:image

 

歩道橋に登ってみた
    f:id:spanglechan:20210503004128j:image

 

Y字になっていたのに気づく
     f:id:spanglechan:20210502235111j:image

さっきの長屋?の表側

 

 


    f:id:spanglechan:20210502235002j:image

 

 


         f:id:spanglechan:20210502235135j:image

若者がいる?いた?(スケートボード
         f:id:spanglechan:20210503004132j:image

 

暗渠ではなく、側溝にグレーチングの蓋 


      f:id:spanglechan:20210503004144j:image

 

雨対策のコースにした尾西歴史民俗資料館、旧林家住宅
   f:id:spanglechan:20210503004236j:image

 

資料館を見て庭園を見ようとしたら雨、お昼を食べに湊屋さんへ

料理を待っている間、外回りを見せてもらいました。

表は和風、横は現代風
   f:id:spanglechan:20210503004225j:image

 

水廻り
   f:id:spanglechan:20210502235042j:image

日本人の憧れ洋風なお部屋
      f:id:spanglechan:20210502235014j:image

何の葉でしょう?
       f:id:spanglechan:20210502234942j:image

 

洋室の離れの外階段
       f:id:spanglechan:20210503004137j:image

 

       f:id:spanglechan:20210507173120j:image

もうすぐこどもの日でした
     f:id:spanglechan:20210503004141j:image

 

蔵の中へ入らせてもらいました

      f:id:spanglechan:20210507173341j:image
 

デザートのカップみたいな碍子
          f:id:spanglechan:20210502234955j:image

 

中にいたのは鍾馗様。疫病退散
    f:id:spanglechan:20210502235052j:image

 

幟旗
      f:id:spanglechan:20210503004229j:image


この家の家紋でしょうか?
         f:id:spanglechan:20210502235008j:image



        f:id:spanglechan:20210503004221j:plain

ここの扉とっても重かった。

 

お店を後にして 

こちらは、前回行ったときの横からのもの、と言いつつ同じだったりして
          f:id:spanglechan:20210502235059j:image

 

再び
          f:id:spanglechan:20210502235104j:image

 


           f:id:spanglechan:20210502235034j:image

 

世界地図
       f:id:spanglechan:20210502234946j:image

 

毛織物さかんな地元柄ウールです
    f:id:spanglechan:20210502235039j:image

 

 

 

再び雨で羽島市映画資料館へ

竹鼻朝日館の外観を思わせる建物。来た時は降っていたのに出る時は止んでいた

     f:id:spanglechan:20210507173704j:plain

 

竹鼻別院に行く途中、気になった店
          

      f:id:spanglechan:20210507173707j:image

 

竹鼻別院の藤は終わりかけて、またしても雲行きが怪しくなり車へ
     f:id:spanglechan:20210507173710j:image

その前に兎月園のみそぎ餅を買って車の中で食べていると土砂降りになり雷も

友達を駅に降ろしたあと、用事をすまし帰路につくころには虹が

別の意味で天気に恵まれた一日でした。

起、再び ①

GWあたりに友達と会う約束をして散策、

雨女と晴れ女が一緒になってほとんど雨のはずがこのような天気に

 

 

 

   f:id:spanglechan:20210502231436j:image

 

かつてここにも家があったのかな
   f:id:spanglechan:20210502231407j:image

 

見つけた!いい看板
      f:id:spanglechan:20210502231357j:image

 


      f:id:spanglechan:20210502231353j:image

 

 


       f:id:spanglechan:20210502231450j:image

 

 

細い路地を抜けて
     f:id:spanglechan:20210502231439j:image

神社の中の公園
     f:id:spanglechan:20210502231511j:image


     f:id:spanglechan:20210502231422j:image

 


      f:id:spanglechan:20210502231502j:image


神社の脇の細い道を通って
      f:id:spanglechan:20210502231507j:image

 

さっきの工場の横から見たとこ
       f:id:spanglechan:20210502231412j:image


       f:id:spanglechan:20210502231454j:image

 

コンクリート固めの三角屋根
        f:id:spanglechan:20210502231426j:image

 


        f:id:spanglechan:20210502231514j:image

 

曇天
         f:id:spanglechan:20210502231404j:image

 

五月は矢車草
       f:id:spanglechan:20210502231400j:image

 

ぶどう棚のある工場
      f:id:spanglechan:20210502231433j:image

 

 


     f:id:spanglechan:20210502231416j:image

 


     f:id:spanglechan:20210502231447j:image

 

近くにはあの三角屋根


    f:id:spanglechan:20210502231458j:image

 


        f:id:spanglechan:20210502231541j:image

 


      f:id:spanglechan:20210502231527j:image

 

蘇鉄がある家って懐かしい感じというか、古くからの家によく植えられている
      f:id:spanglechan:20210502231419j:image 


普通に錆物件の感覚で撮ってしまったけれど事故物件        
        f:id:spanglechan:20210502231443j:image

 

モノクロモンドリアン
     f:id:spanglechan:20210502231518j:image

  


      f:id:spanglechan:20210502231536j:image

 

先程の神社の参道がここまで続いてました。
    f:id:spanglechan:20210502231532j:image

②へつづく

古井の天狗山

 昔は車で高山方面へ向かって走っていると 見かけた看板。いつか行ってみたいと思っていたが新しい道ができ、標識に誘導されるまま走っていたらここを通らなくなってしまっていた。

 こんな時期だから天狗さんにお願いに行ってきました。 

                f:id:spanglechan:20210408232706j:image

 

とっても大きいです。

比較のため娘、置いときます。
   f:id:spanglechan:20210408232113j:image

岩と同化してわかんない 〜

 

煽って撮ってみました

    f:id:spanglechan:20210408232020j:image

 

裏に回ってみると
     f:id:spanglechan:20210408232712j:image

登りたくなる段々に積み上げられた石。昔は中にも入れた?今はできません。 


      f:id:spanglechan:20210408232716j:image

 まるで、怪獣が現れたよう 

 

少し下ったところにあるお不動様
     f:id:spanglechan:20210408231931j:image

 



       f:id:spanglechan:20210408232059j:image 

 

あちこちに天狗さん
       f:id:spanglechan:20210408232107j:plain 

 

昭和62年の表記だから、ざっと明治の中頃に開かれた教え

古いような新しいような。
     f:id:spanglechan:20210408232013j:image

  

藤の咲く頃もいいだろうね。
    f:id:spanglechan:20210408231926j:image

 


    f:id:spanglechan:20210408232725j:image

 



    f:id:spanglechan:20210408232033j:image

 

 

ここは、食堂棟の裏辺り
      f:id:spanglechan:20210408232116j:image

 

大食堂と書いてある。

入り口に手洗いが付いてて、これからの時代にピッタリ。(アルコール出ないけど)
   f:id:spanglechan:20210408232709j:image

 

素材も様々です
     f:id:spanglechan:20210408232016j:image

 

ファイティングポーズをきめる天狗さん
      f:id:spanglechan:20210408232005j:image

 

黒天狗さん
       f:id:spanglechan:20210408232722j:image

        

季節の花々も良いです
        f:id:spanglechan:20210408231940j:image

 

 

池の淵には蛙
        f:id:spanglechan:20210408232110j:image

 

みんな奉納するのかな?
      f:id:spanglechan:20210408232719j:image 

 

 

本殿の壁にはみんなの願いが込められた天狗さん

ご本尊じゃないから撮っていいらしいと娘から聞いたのでパチリ
      f:id:spanglechan:20210408232056j:image

 

 

お社を下から
     f:id:spanglechan:20210408232702j:image

 


名残惜しく後ろ姿も
        f:id:spanglechan:20210408232041j:image

 

あー楽しかった。

行く時に気になった廃墟も残しときますね 

     f:id:spanglechan:20210408232922j:image



     f:id:spanglechan:20210408232001j:image

 

 


     f:id:spanglechan:20210408232009j:image

 



     f:id:spanglechan:20210408232044j:image

 

 

この坂をグ~ンと登っていきました。
     f:id:spanglechan:20210408231952j:image

 

こんなところで団地愛
     f:id:spanglechan:20210408231936j:image

 

 

せっかくだから、お土産買ってきた。

昔っぽいと侮るなかれ。久しぶりに食べたらおいしかった。八百津製

                       f:id:spanglechan:20210415233048j:image

 

いい顔してます。
             f:id:spanglechan:20210415233044j:image

いろいろな天狗さんに会えてたのしかった。宗教施設の建物も昭和感のあるいい味出していましたが、こちらは撮影遠慮しました。

後で確認したら茶店の五平餅おいしいらしい。次回は食べてみよう。  2021.02.23

                                 

 

木曽川散歩(2)

一度通った道を戻るのって早いね

      f:id:spanglechan:20210330152054j:plain


気になった、もこもこのある木

      f:id:spanglechan:20210330152132j:plain

家に帰って調べたら、宿り木って言うそうだ。樹木に寄生する植物

      f:id:spanglechan:20210330152120j:image

 

工事関係のプレハブの吹き流し?を土手の上から見る

          f:id:spanglechan:20210330152220j:plain

 

地面はサラサラの砂のだったり、ゴロゴロの石だったり。

そしてこの草が気になって触ってみた。小学生の坊主頭をさわっているようで気持ちいい。
           f:id:spanglechan:20210330152224j:image


        f:id:spanglechan:20210330152109j:image

 

切り倒されってしまったのか、上流から流されてきた切り株か、根はのびのび
        f:id:spanglechan:20210330152200j:image

 

こちらは奇岩コース  歩いてっていい?と思ったけどHPに紹介されてるからいいよねって、がしがし進む。

あれっ?人為的なロケーション

誰かがアートした  人が入った形跡を見てちょっと安心。
      f:id:spanglechan:20210330152115j:image

 


       f:id:spanglechan:20210330152145j:image

 


       f:id:spanglechan:20210330152141j:image



       f:id:spanglechan:20210330152204j:image

 


       f:id:spanglechan:20210330152305j:image

 


      f:id:spanglechan:20210330152216j:image

 


      f:id:spanglechan:20210330152128j:image

 


      f:id:spanglechan:20210330152059j:image

 

ラッコ岩 (嘘)

       f:id:spanglechan:20210330152251j:image



       f:id:spanglechan:20210330152154j:image

 


          f:id:spanglechan:20210330152229j:image

 


          f:id:spanglechan:20210330152211j:image

 


          f:id:spanglechan:20210330152105j:image

 

娘曰く、お花見してるみたい。ということでパチリ。

河原だから花火大会かな。
               f:id:spanglechan:20210330152238j:image

 

           f:id:spanglechan:20210330152234j:plain



            f:id:spanglechan:20210330152124j:image

 

土手から住宅地を臨む
      f:id:spanglechan:20210330152208j:image

奇岩コースを歩いて思い出した。日本ライン下りのコースだったってこと。

過去形なのは、2013年から運休している為。今は運営会社が変わりラフティングで下ったりするそう。あ〜あ〜川の流れのように〜移り変わっていくのね。 2021.03.26