西伊豆 0901

           やっと、ひょっこり2日間連休が入ってたので、思いきって西伊豆へGO

 

           ひたすら、高速を降りる手前の沼津まで車を走らせ、SAへ

   NEOPASA駿河湾沼津 は、ラブライブ関連で盛り上がってた。

   お昼だけど、お目当ての店に行くのでソフトクリーム で我慢。

 

 

   娘がスマホで適当に見つけてくれた お店 「鈴木屋食堂」さん

   何年か前、浄蓮の滝に行く途中気になった町並み、湯ヶ島温泉の散策前に

   腹ごしらえしようと思い立っての選択

 

                   f:id:spanglechan:20190902000322j:plain

     創業百年余り、良い具合に古さを残した店内に和みました。

    「猪せいろ」美味しかったです。

    (ししせいろと、読むのだけど、いのせいろと読んでしまった。)

    散策したいので見所は?と訊ねるといろいろ教えて下さり、少し車を

    停めさせてもらえませんか?とお願いすると快く停めさせて戴きました。

 

 

            前回、気になった建物。「玉利屋」さんの角を曲がります。

              f:id:spanglechan:20190901235608j:plain

               わさび漬けのお店。こういう所でお土産買えばよかっと

              後になって思った。

 

道路から脇にそれる道を降り、散策路の湯道を歩きます。

9月になったばかりで、まだまだ暑く、蚊の猛攻撃に合います。

もう既に、立ち去りたい気分の二人。

 

それでも、進む気をおこしたのが、この廃墟感。

 

f:id:spanglechan:20190901233916j:plain

   

 

          こちらは、やってるのかな?

        f:id:spanglechan:20190901234951j:plain

 

 

        自然はたっぷり

        f:id:spanglechan:20190901235126j:plain


 この辺り文豪が泊ったという旅館が点在してます。白壁荘はこの前、ブラタモリで取り上げられてました。共同浴場”河鹿の湯”はたどり着けず‥…

 写真が少ないのは、暑かったのと行く前に調べ物で他の人の写真見ちゃったからかな。あと、蚊ね!

 

 ひたすら車を走らせ、雲見温泉を目指します。途中、車をとめ恋人岬を親子で目指すも、やはり、暑くて途中で挫折。

 

 宿に行く前の飲料補充にどこに行ってもついてまわる、赤紫色の看板の店へ。

 

 

 

 雲見温泉はきれいな夕日が見られるというので、夕ご飯前に見に行くことに。 

 

    f:id:spanglechan:20190902023304j:plain

          川を挟んで民宿や旅館がびっしり、海水浴客に便利な店も   

 

    こちらは、海側

    f:id:spanglechan:20190902023208j:plain

 

 

 

             日没まで時間があるので足湯で時間つぶし 

             f:id:spanglechan:20190902023950j:plain

 

            

                 f:id:spanglechan:20190902023836j:plain

 

 

      f:id:spanglechan:20190902023913j:plain

      波の音と、潮風と、何よりとっても気持ちのいいお湯でした。  

 

 

 

                     ダイビングの船がとまってる。

     f:id:spanglechan:20190902024313j:plain

 

 釣りをする人、波と戯れる親子、思い思いの時間がのんびりと過ぎて行きます。  

 

     

 

                    f:id:spanglechan:20190902025949j:plain

 

 

 

 

浜を挟んで反対側   想い出岬展望台へ

f:id:spanglechan:20190902030212j:plain

 

                                         

                                                  f:id:spanglechan:20190902030202j:plain

                                                                       砂糖崖

 

 

f:id:spanglechan:20190902030400j:plain

                奥に見えるは牛着岩 角度によっては?

 

ようやく日が沈むも、生憎の雲が            

 

f:id:spanglechan:20190902034448j:plain

 

 

               行けなかった浅間神社の途中の社?

               f:id:spanglechan:20191111230410j:plain


  

 

 

       f:id:spanglechan:20190902034930j:plain

        ミニオンがいっぱい

                              0902へ続く

郡上八幡 0809+遠い夏の日

  友人と郡上八幡へ、家族で行ったのは12〜3年前。あの頃の写真(S撮影)を

 織りまぜながら夏を振り返ります。   

 

         f:id:spanglechan:20190809220138j:plain

               

 

 

               f:id:spanglechan:20190913000848j:plain

                ここは、今回通らなかった所‥…やなか水のこみち

                ここはどこ? 今も変わらないのかな?

 

                f:id:spanglechan:20190913001014j:plain

                 写真中程、左奥あたりが宗祇水のある流れ

                f:id:spanglechan:20190913001015j:plain

 

 

 

       宗祇水

       f:id:spanglechan:20190809220151j:plain

 

                             ますます緑   

        f:id:spanglechan:20190913103845j:plain


                                コマ割り写真

                      f:id:spanglechan:20190913103849j:plain

 

 

 こちらは小駄良川(宗祇水から出た辺り)

f:id:spanglechan:20190809220454j:plain
f:id:spanglechan:20190809220528j:plain

 

 

こちらは、昔撮ったもの。(定点観測とはいかないけど)

f:id:spanglechan:20190913001302j:plain
f:id:spanglechan:20190913001326j:plain


  

 

 

                   この暑さ、石に座れば蒸かし湯状態?

                  f:id:spanglechan:20190809220231j:plain


    宮ヶ瀬橋を渡ります。

    f:id:spanglechan:20190809221724j:plain

          


    

 

    f:id:spanglechan:20190809223518j:plain


                

                f:id:spanglechan:20190809233231j:plain


                町のいたるところに、GJ8マンのポスターが、

                さくらももこさんが亡くなってもう1年。

 

 

                 f:id:spanglechan:20190809230042j:plain        

                令和元年これぞ王道な昭和の冷やし中華を食す。

                友人は名物、天ぷら中華。 (松葉屋さんにて)

                前回は、川原でコロッケだったっけ?

                10年前と比べて、すごく暑い夏。つい涼を求めて

                涼しいお店へ。

         

        水に誘われ歩きます

        f:id:spanglechan:20190809234011j:plain

                

                         筋骨めぐりを思い出す

        f:id:spanglechan:20190809234703j:plain

 

         星が電線にひっかかってたよ

        f:id:spanglechan:20190809235653j:plain

 

 

                              どっちに行こう? 

               f:id:spanglechan:20190810000210j:plain


       暑かったので観光案内所へ避難

       f:id:spanglechan:20190810000608j:plain

 

 

                 いがわこみち行ってきます

f:id:spanglechan:20190810001726j:plain


      

             f:id:spanglechan:20190810002216j:plain

 

                          水暖簾 

f:id:spanglechan:20190810002906j:plain

 

 


      郡上の夏の日常
      f:id:spanglechan:20190810002839j:plain

                      友人も私も会田誠のある絵を思い浮かべた。

                                                                                                  f:id:spanglechan:20190810003514j:plain



            ふりかえれば‥…

           f:id:spanglechan:20190810003534j:plain




 

 

 

        橋の上からみんなの泳いでる姿を見る。

        f:id:spanglechan:20190810004452j:plain

 

 

 

        次の目的地に行くとき、気になったトンネルをパチリ

        f:id:spanglechan:20190810014648j:plain


 

 

 

トロッコ列車に乗って鍾乳洞へ

f:id:spanglechan:20190810020828j:plain
f:id:spanglechan:20190810020916j:plain

 

 

                鍾乳洞の中は外とは別世界の涼しさ

                f:id:spanglechan:20190810021828j:plain

         ひだひだ‥…こちらは大滝鍾乳洞です   

     

         f:id:spanglechan:20190810021846j:plain

 

        狭かったり広かったり頭ぶつけないよう写真は控えめ

        (だれてきた)

    f:id:spanglechan:20190810022538j:plain 大滝鍾乳洞の滝(写真小さくてすみません)

                 

 

    鍾乳洞から出るとトロッコを右手に見ながら緑の中を下るのです。

    もう、ひぐらしの鳴く頃でした。

                  f:id:spanglechan:20190810023919j:plain

 

 

      ここからは、昔へ巻き戻し写真。かつて同じ方向を見ていた人の眼差し


  f:id:spanglechan:20190913001114j:plain

 

                 f:id:spanglechan:20190913001119j:plain

                 早川司寿乃さんの絵の雰囲気?

 

f:id:spanglechan:20190913001132j:plain 

 

f:id:spanglechan:20190913001212j:plain お地蔵様と古い家。横溝正史っぽいっ

                

                 f:id:spanglechan:20190913001222j:plain

 

f:id:spanglechan:20190913001236j:plain  奥の木の輪っかは水車?

 

        立派な鐘楼門のある大乗寺

        f:id:spanglechan:20190913001359j:plain

 

 

 

 

            f:id:spanglechan:20190913001347j:plain

            よく見ると、ユーモラスな鬼さんが
         

                   f:id:spanglechan:20190913001336j:plain

                青青とした葉が美しく色づく頃に訪れてみたい。

 

 

 

 

        郡上八幡のどこか。

        f:id:spanglechan:20190810003449j:plain

                     そして僕は途方に暮れる?

 

          

              この後、温泉難民となったのです。

 

    あんなに暑かったのにどうして、川に足をつけなかったのだろう。

   前回はつけたのかな? もっと昔に行った写真も載せたかったけど、

   アナログなので、どうすればいいのだろう。

    何度も足を運んでいるのに一度も行ったことのない、郡上八幡城。

   次は行くね。帰りに通りかかった駅のホーム、電車を待ちながらさりげなく

   踊りの練習してた二人の女性。徹夜踊りも気になる〜。

 

笠置山 登山?

 

 ヒカリゴケが見たくて、笠置山

f:id:spanglechan:20190525235155j:plain

 

 

 

 

        望郷の森第一駐車場に止めて、まず駐車場手前で気になった

      鳥居の印の場所へ

        f:id:spanglechan:20190526090819j:plain

 

 

     笠置神社のある場所ではなかった〜無駄足

     f:id:spanglechan:20190525215849j:plain

 

 

 

戻る時、気になった植物 

f:id:spanglechan:20190525215715j:plain
f:id:spanglechan:20190525215638j:plain

 

 

 地図をすっかり読み間違えた私達(おまけに娘は体調不良)は、すっかり疲れて、地図を見て上にも駐車場があるのに気づき、どんどん車で登ることに。

 

 

 まずは笠置神社奥宮へ

                    

       f:id:spanglechan:20190525223116j:plain

 

 

          

                f:id:spanglechan:20190525223130j:plain

 

 

      社を守るため鉄骨で覆いがしてあったので彫刻部分のみ撮影

        f:id:spanglechan:20190525230543j:plain

     雨乞いの神様、笠木山大権現(雨乞棚山参照)を祭る神社 だそう。

  

   山頂の奥社付近には数多くの巨石怪石が存在しているところから古代の

  祭祀場だったと推定され中には古代岩刻文字(ペトログラフ)が刻まれて

  いるものもあるそうです。  と紹介されてた。

 

 

     神社の周辺を歩く時、ようやく登山靴の威力が発揮できたのを実感

 

 

    これより抹茶風味満載画像

    f:id:spanglechan:20190525223652j:plain

 

 

 

    f:id:spanglechan:20190525223748j:plain

 

 

盃状穴 

f:id:spanglechan:20190525223824j:plain
f:id:spanglechan:20190525223833j:plain

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190525230819j:plain

                                  ふさふさ岩

 

 

割れ目 ボカシ加工しときました。

f:id:spanglechan:20190525230848j:plain

  この日は5月で一番暑い日だったそう。で、ブヨがすごく発生して耳元やあちこちを

飛び回り大変だった。こんな体験初めて。山=涼しいと言っても、恵那って暑いんだよというのを聞いたことあるからそういうことかって感じ。それで、写真も変なとこにピントがあったりして、撮りにくかった。(ということで、実際はボカシてません。)

 

 

             f:id:spanglechan:20190525223808j:plain

                      こういう所を歩くのも楽しい。

 

         ただ、ずっと顔の周りを虫がブンブン

 

  そして、ここで私のカメラが容量一杯でシャッター押せなくなる。

 「データを消すのは私が確認してからにしてね」と言って消させてくれなかった

 娘に私はブツブツ。    なので、ヒカリゴケは娘のスマホからのもらい画像。

 

     f:id:spanglechan:20190526090812j:plain

                 真ん中辺り、蛍光色っぽくなってるのがそう。

      ここだけ、冷蔵庫の中にいるみたいに、ヒェ〜としていた。

 

     その後、空きを作るため消去しながら進む。

 

   車を止めた所に戻り、物見岩へ。(来てすぐはここで、カップラーメンを

  食べてる人がいた。羨ましい)  

 

         f:id:spanglechan:20190525235257j:plain

                       ここにも虫が         

  

     f:id:spanglechan:20190526090816j:plain

       怖がって、いやいや撮ってくれた娘だが、私も少しビビってた

       みたい。左腕がかっこ悪い。

 

  ヒカリゴケのところで会った人に、「今日は棚田を見てくるといいですよ。」

 と教えてもらったので(田植えがこの日行われたらしい)行ってみた。

 

f:id:spanglechan:20190526005224j:plain  本当は下から見ると、美しい石垣が 見えたのだけれど娘の体調が限界だったので、

またいつか。 

 

  とにかく、虫がすごく....ブヨではなく、「メマトイ」という虫らしい。奴らは目の涙に含まれるタンパク質を摂取するため、目を狙ってくるらしい。(ある意味、カメラのレンズも黒くて光るもの=目、と認識されてたらしい)

 「目に虫が入った〜」って騒いでる娘に「涙流したら、取れるわ!」って、今思うととんでもないこと言ってしまった。ゴメン。

 メマトイ対策はハッカ油がいいと書いてあった。見切れてない所もあるので、次回は

別の時期&対策をしっかりして行きたい。

 

 体調の回復した娘のリクエストに応え、来る時気になった小さな神社によりながら、(不動滝御社、河合神社、弥五郎神社)笠置峡近くで五平餅を食べて帰路に着く。

                                   0525

    

四季の森 0519

  半月ぶりのぽっかり空いた午後、爽やかなお出かけ日和だったので

近場の久々な公園へ。

 

 楽しみにしていた動物広場は豚コレラ予防の為、動物達はみんな隔離されてた。

 

 昔と違った光景、家族連れの保護者達はポケモンGOに夢中になってた。

 

 高い所があれば登ってみたくなる。

  f:id:spanglechan:20190520021630j:plain

  でも、てっぺんに星座がほどこされてたのは、この日気づいた。

 

 

  そして展望台からの風景は、公園内の木々が大きくなったので見えなく

    なってしまった風景も  

         

     f:id:spanglechan:20190520022154j:plain

 

 

    

    バラが色とりどりに咲いてました。(6月頃はあじさいも楽しめます)

    f:id:spanglechan:20190520030344j:plain

 

   

これもバラ

f:id:spanglechan:20190520025311j:plain
f:id:spanglechan:20190520025243j:plain

               すぐに忘れてしまうけれど、名前を見るのも楽しい。

 

 

          池の近くに咲いていた花。(黄色は見たことあるけど)

          f:id:spanglechan:20190520030538j:plain

           パンジー

 

 

        橋を渡りテーマパークっぽい雰囲気を味わう      

          f:id:spanglechan:20190917114410j:plain

 

                       

                  橋の下の風景   
             f:id:spanglechan:20190520031252j:plain

 

 

 

   人目を避けるような寂しい所に横たわる下半身の彫刻

   f:id:spanglechan:20190520031433j:plain

     実家に帰って雑誌を拾い読みしてたら「股間若衆  男の裸は芸術か」

   という本の紹介が目にとまったのでメモメモ。

 

 

 

f:id:spanglechan:20190520031718j:plain
f:id:spanglechan:20190520031852j:plain

 

                            次回はあじさいの頃に?

 

円頓寺 GW

 多治見に続き屋根神様を訪ねて円頓寺界隈へ

 

      f:id:spanglechan:20190502211410j:plain

 

 

 夏に近づきつつある軒先

f:id:spanglechan:20190502211644j:plain

 

 

 

 

 

す・き・ま 

f:id:spanglechan:20190502212342j:plain

 

 

 

 

 

       白昼夢酒場

       f:id:spanglechan:20190502212400j:plain

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190502212434j:plain

           塗り壁ペロリ

 

 

 

 

            f:id:spanglechan:20190502214010j:plain

 

 

 

                         f:id:spanglechan:20190502214830j:plain

 

 

   名古屋のGはシャチホコ

   f:id:spanglechan:20190519234004j:plain

 

 

 

 

 

 

    f:id:spanglechan:20190502215059j:plain

 

 

 

                  四間道

    f:id:spanglechan:20190502215218j:plain

 

 

 

    f:id:spanglechan:20190502215230j:plain

 

 

 

 

          f:id:spanglechan:20190502220713j:plain

 

 

 

 

                 

                             影飾

f:id:spanglechan:20190502220810j:plain
f:id:spanglechan:20190502220837j:plain

 

 

 

 

 

 

      月曜日の爱丽丝

      f:id:spanglechan:20190502220948j:plain

 

 

 

               トリコロール + タイル

              f:id:spanglechan:20190502221012j:plain

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190502221215j:plain

                      階段浸食中

 

 

 

            ここに ◯ ◯ するべからず

           f:id:spanglechan:20190502221512j:plain

 

 

 

 

    円頓寺建物会議 「ここに”ドラえもん”に出てくる広場を作ろう!」

   f:id:spanglechan:20190502222836j:plain

       

 

 

 

 

 

 

       f:id:spanglechan:20190502222953j:plain

            この下に立つとテレポテーションできます。

 

 

大きな道を渡ってもう片方のアーケードへ

 

 

f:id:spanglechan:20190502234046j:plain

                           金鯱=めでたい

 

 

 

 

      宅拓

     f:id:spanglechan:20190502234646j:plain

 

 

 

 

 

                この紐の先は何だったのだろう?  鯉のぼり?

     f:id:spanglechan:20190502234741j:plain

 

 

 

 

円頓寺を離れ、涼を求め堀川をたよりに歩き続けました。

            

            一期一会な建物

            f:id:spanglechan:20190503003225j:plain

                              かこ珈琲店の隣

 

 

             

      f:id:spanglechan:20190503012212j:plain

 

「令和」  美味しそうな和菓子又は日本酒を想像してしまうのは私だけ?

 

 10日間のGWも私には関係なく、仕事仕事の日々だったけど、こうやって気分転換できた有意義な一日でした。散策の友に感謝。

 令和から置いてけぼり気味だったけど、載せれてようやく追いつけたかな?相変わらずのタイムスリップ好きだけど。

 

 

多治見 土岐川の此方と向こう (2)

  たじみ広小路から銀座センター街に吸い込まれ、銀座商店街をぶらつき、

 再びたじみ広小路へ

     f:id:spanglechan:20190323235348j:plain

 

                          f:id:spanglechan:20190323235448j:plain           f:id:spanglechan:20190323235441j:plain こちらで吊ってます?

 

 

    

      f:id:spanglechan:20190323235420j:plain

                        オリオンでスポーツの祭典  

 

 

f:id:spanglechan:20190323235325j:plain

 

 

 

     f:id:spanglechan:20190323235253j:plain

     コーヒーを求めて歩いていたのに、ここは豆を売るだけの店だと、

     思い込んで素通りしてしまった。(以前、飲もうと思ったら、

     売ってるだけの店に入ってしまったことがあるので)

     入っとけばよかった。

 

 

 

 

                  つい、横道にそれたくなって
f:id:spanglechan:20190323235735j:plain

ガラスブロックみっけ 

 

 

                       登ってくもの落ちてくもの

       f:id:spanglechan:20190323235956j:plain

 

 

 

 

       下にあっても屋根神様

       こんなに見かけたことなかったので、どういう神様か気になったけど、

       屋根神様としかわかりませんでした。

       f:id:spanglechan:20190323235813j:plain

 

 

 

       タイル造りと木造が混在

       f:id:spanglechan:20190324000422j:plain

 

 

 

                飛び出し禁止!              

   f:id:spanglechan:20190324000802j:plain

 




 

 

   f:id:spanglechan:20190324000343j:plain

   角を攻めるひしやsan。(対角線に店舗と駐車場が配置されてます)

 

                      f:id:spanglechan:20190324000523j:plain



 

 

f:id:spanglechan:20190324001721j:plain

 

                                                                銭湯の脇道

                                                              f:id:spanglechan:20190324001842j:plain




 

      多治見橋を渡って向こう岸へ

 

f:id:spanglechan:20190324004018j:plain あっ片手袋発見

 

 

   ここにも屋根神様

  f:id:spanglechan:20190324004413j:plain

 

 

 

 

  

  f:id:spanglechan:20190324004507j:plain

           手前の壁、かっぱっぽくない?

 

 

    やっと太陽出てきて、逆光

    f:id:spanglechan:20190324004811j:plain

                         

     ながせ商店街あたり

                          f:id:spanglechan:20190324004902j:plain

 

 

 

       f:id:spanglechan:20190324005213j:plain

 

 

 

 

     正月だけやってる.....?

     f:id:spanglechan:20190324005950j:plain

 

 

 

  

 f:id:spanglechan:20190324005926j:plain

 

   お店はやってなくても道行く人をひっそりと、楽しませることは忘れません。

 

 

 

 

 

     f:id:spanglechan:20190324010014j:plain

                    こういう看板も貴重になってきたね。

 

 

 

 

 

 コーヒーを求めて、ここに辿り着きました。カフェ温土は前に行ったので、別の店をと探し求め、近くのデザート付き350円にも惹かれたけれど、店内禁煙の条件をクリアしてここへ。次々入ってくる人達は、お昼過ぎなのにスパゲティを注文。

慣れた口調で「イタリアン卵敷き」と言ってました。(その度に私の頭の中は”たまごっち”で一杯になっていきました。)

 コーヒーだけの注文は私達だけかも。「今の時間だと、トーストが付きますよ。」の言葉に、迷わず「小倉トースト」をお願いしました。

f:id:spanglechan:20190327003521j:plain



 

     帰宅時間がせまり、橋を渡って帰ったのだけど、なんだか覚えてない。

 

 

 

そして、締めくくりに気になった場所へ

 

 西浦庭園の近く、石心参禅蔵の一角に無造作に陶器が売られていた。

お店の人は???友人が近くの建物から出てきた人に声をかけると、ここの人だった。最初はぼったくられるのかと、よからぬことを思っていたけれど、陶器好きの気のいいおじいさんだった。昔はここら辺が町の中心だったけれど、今は川の向こう。これも時の流れとおっしゃってました。

 陶器のこととか色々、教えてくれました。御歳86。いつまでもお元気で。

 

 

 こちらは、4月の陶磁器まつりに出す準備の品だそう。

f:id:spanglechan:20190323215054j:plain

 

 

                     f:id:spanglechan:20190324071919j:plain

 友人が求めた、透ける程うすい、カップ&ソーサー。私の家ではすぐに割らかしてしまいそうなので、諦めてこちらを買い求めた。裏に会社名が入ってたので調べたら、

30〜40年ほど前の版を復刻して日本古来の銅板印刷製法で焼き上げています。となっていた。埃かぶってたけど、市価の一割で買えた。(でも値段ではなく、気に入ったかどうかだよね。).....友人からの手土産をバックに(包装紙も残しとこっと)

 

         暫くは手土産のお菓子とマグカップで、旅の余韻を楽しめそう。

 

多治見 土岐川の此方と向こう (1)

 帰省した友達と、多治見の町をぶらり

 西浦庭園あたりから歩き始めるも、地図通りに歩けない私達は、なぜか山の方へ誘われて、軌道修正。

 寒さに負けてまずは、「中華亭本店」注)写真ありません。で昼ご飯。
 

                f:id:spanglechan:20190323215520j:plain
  

  

 f:id:spanglechan:20190323215906j:plain  お宝が眠ってそう 

      

 

 

           燃やす前に濡らした雑誌

           f:id:spanglechan:20190323220309j:plain


    坂、登ってました。 

      f:id:spanglechan:20190323220801j:plain

 

 

 

 

ようやく、最初のお目当ての西ヶ原遊郭跡あたり

f:id:spanglechan:20190323225127j:plain 錆感と入り口のツルツル感がよい

                       錆と鯖、鉄分の多いのは?

 

 

       f:id:spanglechan:20190324230251j:plain

                郵便受け付近の窓が好き

 

 

                 

    f:id:spanglechan:20190324231159j:plain
                         肝心の「玉突き」写しそびれ 

 

 

             思ったより写してなかった。

  

   誰かが覗いてる

f:id:spanglechan:20190323225713j:plain

 

 

               f:id:spanglechan:20190323225924j:plain

 

           

     さて、次へ

 

 

 

f:id:spanglechan:20190323230707j:plain

 

                 全体像  f:id:spanglechan:20190323230643j:plain



 ちょこれえと屋さん……?

f:id:spanglechan:20190323230834j:plain

 

 

 

 

   筋骨めぐり再び?  いいえ、多治見銀座センター街です。

   f:id:spanglechan:20190323231005j:plain

                           

                   f:id:spanglechan:20190323231052j:plain

 

      空を切り取る

      f:id:spanglechan:20190323231124j:plain

 

 

どの壁がお好き?

f:id:spanglechan:20190323231221j:plain
f:id:spanglechan:20190323231318j:plain

 

 


             たまに、上を見上げます。

           f:id:spanglechan:20190323231356j:plain

 

    私のカメラでは正面から撮れなかった。

   f:id:spanglechan:20190323231412j:plain

 

 

 さて、お次は……

 

          ガラスブロック好き 

          f:id:spanglechan:20190323231502j:plain

 

  

 

 

     実はこんなに、薄いビルでした。

      f:id:spanglechan:20190323234657j:plain

 

 

 

 

   気は優しくて力持ち

   f:id:spanglechan:20190323231633j:plain

 

 

 

              いつしか銀座商店街へ

   

 

 f:id:spanglechan:20190323232721j:plain

 

 

             多治見モザイクタイルミュージアムがあるだけあって

             色々なタイルが使われてます。

 

             f:id:spanglechan:20190323232509j:plain


 

 

f:id:spanglechan:20190323231720j:plain
f:id:spanglechan:20190323232131j:plain


         夜な夜な歩くという電信柱、閉じ込めておきました。

           

f:id:spanglechan:20190323231802j:plain
f:id:spanglechan:20190323231854j:plain

  

 

               f:id:spanglechan:20190323232152j:plain

 

                            監視カメラ

f:id:spanglechan:20190323232028j:plain
f:id:spanglechan:20190323232015j:plain

 

 

 

 その通りをぬけると、

 

           ロボットになるのを夢見るビル

f:id:spanglechan:20190323231934j:plain



 

 

 

    どっしりとした昔からの佇まい

 

   f:id:spanglechan:20190325101402j:plain


 

 

               これって、何のしるしだろう?

               f:id:spanglechan:20190323232647j:plain

 

 

     空から墨を滴して描いたような松 

     f:id:spanglechan:20190323232754j:plain

 


              裏にまわったら、奥行きもすごかった。

              f:id:spanglechan:20190323233248j:plain

 

 

   その反対側に

   f:id:spanglechan:20190323233306j:plain
   電電公社の時代でなくNTTの時代のビルかな?
  

   その隣には、お土産にと思っていたどら焼きで有名なお店、お昼過ぎには売り切

   れになっていました。外には餡を作っている匂いがほのかにしてました。

   f:id:spanglechan:20190323232938j:plain

   あっこの季節、いちご大福買えばよかった。

                    f:id:spanglechan:20190323233134j:plain

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190323232859j:plain

 

                 f:id:spanglechan:20190323232834j:plain

 

 

空き地アート

f:id:spanglechan:20190323233900j:plain
f:id:spanglechan:20190323233734j:plain

 

 

 

                気になる屋上の植物

            f:id:spanglechan:20190323233841j:plain

            f:id:spanglechan:20190323233824j:plain

 

 

ショーウィンドウも気になったけど、もっと気になったのが

f:id:spanglechan:20190323234143j:plain


                どんな人が乗ってるの?

                f:id:spanglechan:20190323234241j:plain

                 後に川の向こうの交差点で遭遇でもやもや解消

 

                            

 

 看板でも喫茶店ってわかるけど、念のために乗せときました?

f:id:spanglechan:20190323234455j:plain
f:id:spanglechan:20190323234311j:plain

                    実は水やり用のポット……な訳ないか。

   

      そして細長いスペースに窓

                   f:id:spanglechan:20190324000947j:plain

 

 

 

                         my garden

     f:id:spanglechan:20190323234419j:plain



 

 

    

     f:id:spanglechan:20190323234637j:plain

     ここはどこ?行ったり来たりでまだまだ、続きます。