多治見 土岐川の此方と向こう (2)

  たじみ広小路から銀座センター街に吸い込まれ、銀座商店街をぶらつき、

 再びたじみ広小路へ

     f:id:spanglechan:20190323235348j:plain

 

                          f:id:spanglechan:20190323235448j:plain           f:id:spanglechan:20190323235441j:plain こちらで吊ってます?

 

 

    

      f:id:spanglechan:20190323235420j:plain

                        オリオンでスポーツの祭典  

 

 

f:id:spanglechan:20190323235325j:plain

 

 

 

     f:id:spanglechan:20190323235253j:plain

     コーヒーを求めて歩いていたのに、ここは豆を売るだけの店だと、

     思い込んで素通りしてしまった。(以前、飲もうと思ったら、

     売ってるだけの店に入ってしまったことがあるので)

     入っとけばよかった。

 

 

 

 

                  つい、横道にそれたくなって
f:id:spanglechan:20190323235735j:plain

ガラスブロックみっけ 

 

 

                       登ってくもの落ちてくもの

       f:id:spanglechan:20190323235956j:plain

 

 

 

 

       下にあっても屋根神様

       こんなに見かけたことなかったので、どういう神様か気になったけど、

       屋根神様としかわかりませんでした。

       f:id:spanglechan:20190323235813j:plain

 

 

 

       タイル造りと木造が混在

       f:id:spanglechan:20190324000422j:plain

 

 

 

                飛び出し禁止!              

   f:id:spanglechan:20190324000802j:plain

 




 

 

   f:id:spanglechan:20190324000343j:plain

   角を攻めるひしやsan。(対角線に店舗と駐車場が配置されてます)

 

                      f:id:spanglechan:20190324000523j:plain



 

 

f:id:spanglechan:20190324001721j:plain

 

                                                                銭湯の脇道

                                                              f:id:spanglechan:20190324001842j:plain




 

      多治見橋を渡って向こう岸へ

 

f:id:spanglechan:20190324004018j:plain あっ片手袋発見

 

 

   ここにも屋根神様

  f:id:spanglechan:20190324004413j:plain

 

 

 

 

  

  f:id:spanglechan:20190324004507j:plain

           手前の壁、かっぱっぽくない?

 

 

    やっと太陽出てきて、逆光

    f:id:spanglechan:20190324004811j:plain

                         

     ながせ商店街あたり

                          f:id:spanglechan:20190324004902j:plain

 

 

 

       f:id:spanglechan:20190324005213j:plain

 

 

 

 

     正月だけやってる.....?

     f:id:spanglechan:20190324005950j:plain

 

 

 

  

 f:id:spanglechan:20190324005926j:plain

 

   お店はやってなくても道行く人をひっそりと、楽しませることは忘れません。

 

 

 

 

 

     f:id:spanglechan:20190324010014j:plain

                    こういう看板も貴重になってきたね。

 

 

 

 

 

 コーヒーを求めて、ここに辿り着きました。カフェ温土は前に行ったので、別の店をと探し求め、近くのデザート付き350円にも惹かれたけれど、店内禁煙の条件をクリアしてここへ。次々入ってくる人達は、お昼過ぎなのにスパゲティを注文。

慣れた口調で「イタリアン卵敷き」と言ってました。(その度に私の頭の中は”たまごっち”で一杯になっていきました。)

 コーヒーだけの注文は私達だけかも。「今の時間だと、トーストが付きますよ。」の言葉に、迷わず「小倉トースト」をお願いしました。

f:id:spanglechan:20190327003521j:plain



 

     帰宅時間がせまり、橋を渡って帰ったのだけど、なんだか覚えてない。

 

 

 

そして、締めくくりに気になった場所へ

 

 西浦庭園の近く、石心参禅蔵の一角に無造作に陶器が売られていた。

お店の人は???友人が近くの建物から出てきた人に声をかけると、ここの人だった。最初はぼったくられるのかと、よからぬことを思っていたけれど、陶器好きの気のいいおじいさんだった。昔はここら辺が町の中心だったけれど、今は川の向こう。これも時の流れとおっしゃってました。

 陶器のこととか色々、教えてくれました。御歳86。いつまでもお元気で。

 

 

 こちらは、4月の陶磁器まつりに出す準備の品だそう。

f:id:spanglechan:20190323215054j:plain

 

 

                     f:id:spanglechan:20190324071919j:plain

 友人が求めた、透ける程うすい、カップ&ソーサー。私の家ではすぐに割らかしてしまいそうなので、諦めてこちらを買い求めた。裏に会社名が入ってたので調べたら、

30〜40年ほど前の版を復刻して日本古来の銅板印刷製法で焼き上げています。となっていた。埃かぶってたけど、市価の一割で買えた。(でも値段ではなく、気に入ったかどうかだよね。).....友人からの手土産をバックに(包装紙も残しとこっと)

 

         暫くは手土産のお菓子とマグカップで、旅の余韻を楽しめそう。

 

多治見 土岐川の此方と向こう (1)

 帰省した友達と、多治見の町をぶらり

 西浦庭園あたりから歩き始めるも、地図通りに歩けない私達は、なぜか山の方へ誘われて、軌道修正。

 寒さに負けてまずは、「中華亭本店」注)写真ありません。で昼ご飯。
 

                f:id:spanglechan:20190323215520j:plain
  

  

 f:id:spanglechan:20190323215906j:plain  お宝が眠ってそう 

      

 

 

           燃やす前に濡らした雑誌

           f:id:spanglechan:20190323220309j:plain


    坂、登ってました。 

      f:id:spanglechan:20190323220801j:plain

 

 

 

 

ようやく、最初のお目当ての西ヶ原遊郭跡あたり

f:id:spanglechan:20190323225127j:plain 錆感と入り口のツルツル感がよい

                       錆と鯖、鉄分の多いのは?

 

 

       f:id:spanglechan:20190324230251j:plain

                郵便受け付近の窓が好き

 

 

                 

    f:id:spanglechan:20190324231159j:plain
                         肝心の「玉突き」写しそびれ 

 

 

             思ったより写してなかった。

  

   誰かが覗いてる

f:id:spanglechan:20190323225713j:plain

 

 

               f:id:spanglechan:20190323225924j:plain

 

           

     さて、次へ

 

 

 

f:id:spanglechan:20190323230707j:plain

 

                 全体像  f:id:spanglechan:20190323230643j:plain



 ちょこれえと屋さん……?

f:id:spanglechan:20190323230834j:plain

 

 

 

 

   筋骨めぐり再び?  いいえ、多治見銀座センター街です。

   f:id:spanglechan:20190323231005j:plain

                           

                   f:id:spanglechan:20190323231052j:plain

 

      空を切り取る

      f:id:spanglechan:20190323231124j:plain

 

 

どの壁がお好き?

f:id:spanglechan:20190323231221j:plain
f:id:spanglechan:20190323231318j:plain

 

 


             たまに、上を見上げます。

           f:id:spanglechan:20190323231356j:plain

 

    私のカメラでは正面から撮れなかった。

   f:id:spanglechan:20190323231412j:plain

 

 

 さて、お次は……

 

          ガラスブロック好き 

          f:id:spanglechan:20190323231502j:plain

 

  

 

 

     実はこんなに、薄いビルでした。

      f:id:spanglechan:20190323234657j:plain

 

 

 

 

   気は優しくて力持ち

   f:id:spanglechan:20190323231633j:plain

 

 

 

              いつしか銀座商店街へ

   

 

 f:id:spanglechan:20190323232721j:plain

 

 

             多治見モザイクタイルミュージアムがあるだけあって

             色々なタイルが使われてます。

 

             f:id:spanglechan:20190323232509j:plain


 

 

f:id:spanglechan:20190323231720j:plain
f:id:spanglechan:20190323232131j:plain


         夜な夜な歩くという電信柱、閉じ込めておきました。

           

f:id:spanglechan:20190323231802j:plain
f:id:spanglechan:20190323231854j:plain

  

 

               f:id:spanglechan:20190323232152j:plain

 

                            監視カメラ

f:id:spanglechan:20190323232028j:plain
f:id:spanglechan:20190323232015j:plain

 

 

 

 その通りをぬけると、

 

           ロボットになるのを夢見るビル

f:id:spanglechan:20190323231934j:plain



 

 

 

    どっしりとした昔からの佇まい

 

   f:id:spanglechan:20190325101402j:plain


 

 

               これって、何のしるしだろう?

               f:id:spanglechan:20190323232647j:plain

 

 

     空から墨を滴して描いたような松 

     f:id:spanglechan:20190323232754j:plain

 


              裏にまわったら、奥行きもすごかった。

              f:id:spanglechan:20190323233248j:plain

 

 

   その反対側に

   f:id:spanglechan:20190323233306j:plain
   電電公社の時代でなくNTTの時代のビルかな?
  

   その隣には、お土産にと思っていたどら焼きで有名なお店、お昼過ぎには売り切

   れになっていました。外には餡を作っている匂いがほのかにしてました。

   f:id:spanglechan:20190323232938j:plain

   あっこの季節、いちご大福買えばよかった。

                    f:id:spanglechan:20190323233134j:plain

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190323232859j:plain

 

                 f:id:spanglechan:20190323232834j:plain

 

 

空き地アート

f:id:spanglechan:20190323233900j:plain
f:id:spanglechan:20190323233734j:plain

 

 

 

                気になる屋上の植物

            f:id:spanglechan:20190323233841j:plain

            f:id:spanglechan:20190323233824j:plain

 

 

ショーウィンドウも気になったけど、もっと気になったのが

f:id:spanglechan:20190323234143j:plain


                どんな人が乗ってるの?

                f:id:spanglechan:20190323234241j:plain

                 後に川の向こうの交差点で遭遇でもやもや解消

 

                            

 

 看板でも喫茶店ってわかるけど、念のために乗せときました?

f:id:spanglechan:20190323234455j:plain
f:id:spanglechan:20190323234311j:plain

                    実は水やり用のポット……な訳ないか。

   

      そして細長いスペースに窓

                   f:id:spanglechan:20190324000947j:plain

 

 

 

                         my garden

     f:id:spanglechan:20190323234419j:plain



 

 

    

     f:id:spanglechan:20190323234637j:plain

     ここはどこ?行ったり来たりでまだまだ、続きます。

 

筋骨めぐり(5)

鎮守山(ちんじゅさん)へ登ります


    f:id:spanglechan:20190228014834j:plain

     もう少し左重視で撮ればよかった

 

 

 

                f:id:spanglechan:20190228014916j:plain

  

 

 

          f:id:spanglechan:20190228014959j:plain

 

 

 

 

 

町がよく見渡せます。

f:id:spanglechan:20190228015109j:plain
f:id:spanglechan:20190228015817j:plain




 

         f:id:spanglechan:20190228014616j:plain

                           連れ去られ感が漂う

 

 

                      昼に気になった銭湯へ

                     f:id:spanglechan:20190228020631j:plain

 

 

 

f:id:spanglechan:20190227225323j:plain

 

 

 

 

             f:id:spanglechan:20190228020824j:plain

 

f:id:spanglechan:20190228020750j:plain

 

                      f:id:spanglechan:20190228021544j:plain

 

 

                       f:id:spanglechan:20190228021149j:plain

f:id:spanglechan:20190228021325j:plain
f:id:spanglechan:20190228021404j:plain

 

         f:id:spanglechan:20190228021305j:plain

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190228021211j:plain

  

 

 

 

                  タイルや造りがとても凝ってます。

      f:id:spanglechan:20190228020924j:plain  

 

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190228020850j:plain

 

 

 

 

 

  f:id:spanglechan:20190228021821j:plain

 

 

      f:id:spanglechan:20190228021004j:plain

                      右端は女湯へ続く小さな扉

 

 

     f:id:spanglechan:20190228021450j:plain

 

 

                         浴場から脱衣所を見た所

     f:id:spanglechan:20190228021103j:plain

 

 

     f:id:spanglechan:20190306212714j:plain

 

  町を歩いてたら、「こんにちは」と元気に声をかけてくれる小学生の男の子。

銭湯の近くで「筋骨めぐりですか?ここ男湯は入っていいですよ。でもここ、

何かいるみたいですよ。」「えっ幽霊出るの?」意味有りげに笑ってました。

自転車を止めて話し出したので、「ここの家の子?」と聞いたら「おしゃれハウス

ラブです。」と答えてくれました。あっあの家のお子さんだったんだ。

 

 そして、幽霊……一足先に娘を残して出たのだけど、「怖かった〜さっき女湯の方から変な音が聞こえてきた。」って言ってた。

 

 

 

 「ここの道は抜けられますよ。」と男の子が教えてくれた道

f:id:spanglechan:20190228021626j:plain



f:id:spanglechan:20190228022023j:plain

   

 

抜けた所

f:id:spanglechan:20190228022117j:plain

 

 

 

f:id:spanglechan:20190228022944j:plain

       こういうとこをリノベーションして住んでみたい。

 

 

       

      f:id:spanglechan:20190228023140j:plain

            この家にも義父のような人がいるのかな。

              ! に、感情がこもってる。

            (店頭の自販機でジュースを買いました)

 

 

 

           f:id:spanglechan:20190227223531j:plain

 

 昼前から夕方近くまで、歩き回ってもちっとも飽きなかった。味わいのある古い町並みを守って行くのは大変だろうと思う。今回のような災害のないことをいのるばかり。

 

                                 おしまい

筋骨めぐり(4)

川から飛騨街道に出たところ

f:id:spanglechan:20190227233117j:plain

 

 

 

           f:id:spanglechan:20190227230453j:plain

                                       

 

ゆるやかなカーブ

f:id:spanglechan:20190227233154j:plain

                                       

f:id:spanglechan:20190305003917j:plain

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190304232117j:plain

                       娘の方がいいアングルだったので

                        (その他、数枚混ざってます)  

 

 

 一旦、駐車した場所まで戻って少し遅い昼食

         

          レストラン飛山に貼ってあったポスター 

          

          f:id:spanglechan:20190228003148j:plain

 

 

 

        f:id:spanglechan:20190305003914j:plain        

  ミッキー◯ウスじゃありません。あくまで、ミッキークレープ◯ウスです。

 

 

 

      猫、ふたたび

 

f:id:spanglechan:20190228004512j:plain
f:id:spanglechan:20190305003906j:plain



 

f:id:spanglechan:20190228004651j:plain
f:id:spanglechan:20190228004648j:plain
f:id:spanglechan:20190228010641j:plain

 

f:id:spanglechan:20190228010730j:plain
f:id:spanglechan:20190228010804j:plain

 

 

          f:id:spanglechan:20190227232740j:plain

 

                                  

                          f:id:spanglechan:20190228010409j:plain

   

                          中まで浸食

      f:id:spanglechan:20190228010515j:plain

 

 

 

商店街のほうへも      

        f:id:spanglechan:20190228004929j:plain

                       

 

 

         

         f:id:spanglechan:20190228011309j:plain

         金山町案内人にサボテンさんが立候補しました

 

 

     サボテン(白檀)

f:id:spanglechan:20190228011325j:plain
f:id:spanglechan:20190304231706j:plain

                     「ポット植え 育てたい方差し上げます」

 

 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190228011842j:plain

 

この先の橋を渡るとJRの飛騨金山駅 (次回の散策を楽しみに)

 

 

 

 

 

右手側に進み小学校とグランドを通って長福寺へ

 

f:id:spanglechan:20190228013829j:plain
f:id:spanglechan:20190228013858j:plain

 

  仏の道を歩むには年をとってからでなく、若いうちから求めて歩んだ方がいい。

 と、内容が書かれていましたが、肝心の?椎茸のことが書かれてなかったので

 疑問が残りました。この疑問を解く為に寺の門を叩かなくては……

 

          f:id:spanglechan:20190228013622j:plain 

       と、思いつつも仕事が忙しいので寺に背を向けるニノであった。

       歩き◯◯◯はダメって本を取り上げられてしまっている。

                             つづく

 

筋骨めぐり(3)

 

この辺りから、細い筋へ

  

            f:id:spanglechan:20190227223654j:plain


                             f:id:spanglechan:20190227223737j:plain

      白い猫がお出迎えというか、すごく生活を覗いてしまってるようで

      ごめんなさいの一枚

 

             

                    f:id:spanglechan:20190227223917j:plain

                     訪問者の様子を見に出てきました。

 

 

f:id:spanglechan:20190304232341j:plain

 

f:id:spanglechan:20190227223951j:plain
f:id:spanglechan:20190227223954j:plain
f:id:spanglechan:20190227223958j:plain
f:id:spanglechan:20190227224008j:plain

         猫は岩合さんに任せたと言いつつ、やっぱり撮ってしまう。 

 

 

 川を挟んで反対側は、このような風景が

f:id:spanglechan:20190227224138j:plain
f:id:spanglechan:20190227224158j:plain

 

 

立体交差

 

f:id:spanglechan:20190227224250j:plain
f:id:spanglechan:20190227224327j:plain
f:id:spanglechan:20190227224354j:plain



 

 

 

 

f:id:spanglechan:20190227224429j:plain
f:id:spanglechan:20190227225442j:plain
f:id:spanglechan:20190227224539j:plain
f:id:spanglechan:20190227224405j:plain

 

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190305003852j:plain

                          娘から貰いPhoto

 

 

 

    写すのに夢中なので別行動

    f:id:spanglechan:20190306155329j:plain

 

f:id:spanglechan:20190227224302j:plain 

昨年の夏の豪雨の爪痕。閉店や閉館せざるおえなくなった所も。 

  

 

f:id:spanglechan:20190227225814j:plain
f:id:spanglechan:20190227225716j:plain

                   

 

          知らないうちに缶の上にいた

 

          f:id:spanglechan:20190227124411j:plain

              

 

f:id:spanglechan:20190227223814j:plain
f:id:spanglechan:20190227223834j:plain

                    かつて建物があったところ。

 

 

 

  こちらは、清水。災害の記事を見るとよくここまで、復旧したと思う。

 

f:id:spanglechan:20190227225800j:plain
f:id:spanglechan:20190227224506j:plain

 

 

 

    f:id:spanglechan:20190227225858j:plain

             ここは、緑豊かな場所だったらしい。 

 

  

 

 

    f:id:spanglechan:20190227224239j:plain

 

 

 

 

 降りたり上がったり

 

f:id:spanglechan:20190227225916j:plain
f:id:spanglechan:20190227230700j:plain

 

       くぐったり 

 

       f:id:spanglechan:20190227230110j:plain

 

 

           f:id:spanglechan:20190227230019j:plain


 

  筋骨めぐりをしている時に、角の向こうから話し声が聞こえてきた。ガイドさんと廻っているのは安心できるが、単独で歩き回られるのは、気持ち悪いとのこと。

 私でも家の周りを知らない人がうろつくのは、いい思いをしないだろう。

 

 今回はゆっくり自分たちのペースで廻りたいということで個人でまわったけど、廻りそこねた所や、ここ入っていいのかな?って所もガイドさんが教えてくれるから、安心かも。                          

                                  つづく

 

 

筋骨めぐり(2)

筋骨まだですか?  今まで通った道も筋骨でした。

 

           f:id:spanglechan:20190227221606j:plain

 

工場の脇を通って

f:id:spanglechan:20190227222320j:plain
f:id:spanglechan:20190227222248j:plain

 

          

               f:id:spanglechan:20190227222512j:plain

 

 

    少し振り返って足下を見たら窓二つ

   f:id:spanglechan:20190227222100j:plain

    もと金山劇場の舞台裏の窓(2015年の記事より)多少改装したみたい

 

f:id:spanglechan:20190227222016j:plain
f:id:spanglechan:20190227222122j:plain

             フェンスの隙間から覗いたら

 

 

 

 角を曲がります。

 

 

 

     苔玉

     f:id:spanglechan:20190227222821j:plain

 

 

 

      コレクション?

f:id:spanglechan:20190227222652j:plain
f:id:spanglechan:20190227222639j:plain

 

 

       碍子愛

f:id:spanglechan:20190227222732j:plain
f:id:spanglechan:20190227222621j:plain

         

f:id:spanglechan:20190227221816j:plain
f:id:spanglechan:20190227221759j:plain
f:id:spanglechan:20190227221806j:plain

さっき通った農機具小屋に備え置かれてた木々

 

 

               さてそろそろ

 

     

 

 

   わくわくしてきた

 

   f:id:spanglechan:20190227222704j:plain

 

 

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190227223106j:plain

              お土産に「餅倖」の黒豆大福を買いました。

              餡の甘さと黒豆の塩加減が絶妙。

              近くの見所も親切に教えていただきました。 

  

               f:id:spanglechan:20190227222923j:plain
                     店名が気に入ったので

 

 

  

      f:id:spanglechan:20190227223433j:plain

 

       ポンプ式の井戸があって湧き水が汲み出せるらしい。

      路地の町でもあるけど、水の町なんだ。   つづく

 

筋骨めぐり(1)

 久々の2連休だったので、日帰りだけど気になってた飛騨金山の筋骨めぐりへ。

ナビの設定間違えて、いつもの41号線でない道だなと思いながら、たまにはいいかと

走ってたら、道がだんだんすれ違い出来ない程、細くなって、県道97号線は私にとって険道97号線でした。

             道中の景色 (一山越えてほっとしたあたり)

          f:id:spanglechan:20190227214549j:plain

 

   

          f:id:spanglechan:20190227214729j:plain

 

                                    f:id:spanglechan:20190227214723j:plain

 

 

                f:id:spanglechan:20190303205828j:plain

                   この石、顔が描いてある

 

 

             いよいよ筋骨巡りへ

 

    f:id:spanglechan:20190227220900j:plain   ここからスタート

                              f:id:spanglechan:20190227221058j:plain

 

   

       畑が広がってました。

                                              f:id:spanglechan:20190303205842j:plain 

   

 


 

                             

      f:id:spanglechan:20190306152749p:plain

 

  まずは、畑に点在する農具小屋などに目を奪われてしまいました。       

       f:id:spanglechan:20190227220928j:plain

 

 

       f:id:spanglechan:20190227221152j:plain

 

       f:id:spanglechan:20190227221240j:plain

 

   

                f:id:spanglechan:20190227221503j:plain

   

                         

 

 

    f:id:spanglechan:20190227221529j:plain

       

 

                  f:id:spanglechan:20190227221548j:plain

                            フロマエロマエ

 

 

 

 

       f:id:spanglechan:20190227221738j:plain

 

 

 

 

 

      f:id:spanglechan:20190227221907j:plain

 

                         

      f:id:spanglechan:20190228005746j:plain

 

 

                        こちらは、後半に見つけた

     f:id:spanglechan:20190228005914j:plain


                                                                           畑日和の穏やかな日でした。